お宮参り

お宮参りとは

お宮参りの準備 5ステップ

データで見るお宮参り

お宮参りの準備 5ステップ

STEP1 日取りを決めましょう

POINT
お宮参りの日取りは赤ちゃんと母親の体調を考慮して

生後1カ月をお祝いする一生に一度の大切な通過儀礼「お宮参り」。

男の子なら生後31日目、女の子なら32日目に行うのが一般的といわれています。ただし「絶対にこの時期にやらなければダメ!」という決まりはありません。

暑い時期や寒い時期に無理する必要はなく、過ごしやすい時期を選んでOK!母親と赤ちゃんの健康を第一に考えて選びましょう。

STEP2 神社を決めましょう

POINT
地元の神社でお参りするのが一般的

お宮参りは、地元の神社で行なうのが一般的でしたが、最近では有名な神社でお参りする家族も増えています。

神社でお祓いをしたい場合は、事前に予約しておくことをオススメ。

お参り当日は、白い封筒またはご祝儀袋に「御初穂料(おはつほりょう)」「御玉串料(おんたまくしりょう)」と書いて神社に納めましょう。金額は5000円くらいが一般的です。

STEP3 服装を決めましょう

POINT
服装は赤ちゃんの快適さを重視して!

お宮参りというと着物を思い浮かべるかもしれませんが厳しい決まりはありません。

赤ちゃんの生まれた季節に合わせて、快適に過ごせるものを選びましょう。本格的な恰好でお参りするなら、男の子は熨斗目(のしめ)模様の羽二重の紋付、女の子は友禅縮緬(ちりめん)がオススメです。

両親と祖父母も、赤ちゃんに合わせてフォーマルな服装にしましょう。

STEP4 記念撮影をしましょう

POINT
お宮参りの前後どちらでもOK!スタジオで撮影する場合は事前予約を

お宮参りで忘れてはいけないのが記念撮影。赤ちゃんにとって人生最初のイベントですから、しっかりと記録に残しておきたいものです。

記念撮影は、お宮参りの前か後どちらでもできるので、スタジオで本格的に撮影する場合は、事前に相談しましょう。衣装を貸してくれるスタジオもあるので、いろいろと探してみるといいかもしれません。

STEP5 会食のお店を決めましょう

POINT
ホテルやレストランの「お宮参りプラン」がおすすめ!

昔から、お宮参りを終えたあとは、祖父母や親戚との食事会、あいさつ回りなどが行われてきました。

最近はホテルやレストランなどの「お宮参りプラン」を利用して、特別な思い出づくりをしている家族も増えています。とくに有名神社の近くには「お宮参りプラン」がある施設が多いので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加