お食い初め

お食い初めとは

お食い初めの準備 3ステップ

お食い初めの準備 3ステップ

STEP1 日取りを決めましょう

POINT
生後100日前後に行うのが目安

お食い初めは、母乳から離乳食へと切り替えが始まる、生後100日前後に行うのが一般的。地域によっては120日前後に行うこともあります。厳しいルールがあるわけではないので、都合のいい日を選びましょう。

昔は親戚や親しい知人などを自宅に招いて行っていたようですが、最近では両親や祖父母などで行なわれることが多いようです。

STEP2 作法を確認しましょう

POINT
一汁三菜の祝い膳でお祝いしましょう

料理は鯛などの尾頭つきの魚、汁物、赤飯、焚き物、香の物、紅白餅が定番。

食器は、箸が柳の白木、お椀が鶴、松などの蒔絵(まきえ)模様が描かれている漆器、お膳は紋付で男の子なら朱塗りの膳、女の子なら外側が黒塗り、内側が朱塗りの漆器が正式とされていますが、離乳食用の食器でも大丈夫。

儀式では祖父母の年長者が、赤ちゃんの口に箸で食べ物を運びます。

STEP3 プランも見てみましょう

POINT
ホテルやレストランなどの「お食い初めプラン」もオススメ

赤ちゃんにとって人生に一度の「お食い初め」。

ホテルやレストラン、撮影スタジオのなかには「お食い初めプラン」を用意しているところがあるので、特別な日をより一層、思い出深いものにしたい方は、いくつかピックアップしてみるといいかもしれません。

撮影用に可愛い衣装や食器などをレンタルできるプランもあるので、併せてチェックしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加