お食い初め

お食い初めとは

お食い初めの準備 3ステップ

お食い初めとは

お食い初めは、赤ちゃんが食べものをはじめて口にする儀式です。ただし、するのは食べるマネだけ。

平安時代から行われていた「いそか(五十日)」と「ももか(百日)」というおかゆに餠を入れて食べさせる儀式と、はじめて魚を食べさせる「真魚始め(まなはじめ)」が一緒になったとされています。

地域によって呼び方や実施する時期は異なりますが、「食べ物に困らないように」「長生きできるように」というお食い初めに込められる想いは変わりません。

お食い初めの準備 3ステップ

POINT!
お食い初めは、赤ちゃんの体調を第一に考えて、日取りを決めるのがおすすめです。

くわしく見る

このエントリーをはてなブックマークに追加